Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By FIM CEV Repsol

FIM・CEV・レプソル~小椋が今季初表彰台獲得

第4戦スペインGPにワイルドカードとしてデビューする小椋が3位。國井は5位と4位に進出。

FIM国際モーターサイクリズム連盟の傘下大会、『FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップ』は週末、シーズン2戦目となるバレンシア大会がサーキット・リカルド・トルモで行われ、3クラスとカワサキのワンメイクカップ、カワサキ・Zカップが開催された。

Moto3™ジュニア世界選手権
第1レースは、5番グリッドのセルジオ・ガルシア(スペイン)が序盤から独走。初参戦した昨年の第3戦バルセロナ大会以来となる優勝を挙げれば、初めてポールポジションを獲得したアレックス・ヴィウ(スペイン)が2位争いに競り勝ち、7番グリッドのジェリミー・アルコバ(スペイン)は3位表彰台。

第2レースは、第1レースで4位だった12番グリッドのラウール・フェルナンデェス(スペイン)が独走優勝。4番グリッドのマヌエル・パリアーニ(イタリア)はグリープ内での2位争いに競り勝ち、第1レースで表彰台争い中に転倒を喫した11番グリッドの小椋藍が、初優勝を挙げた昨年の第6戦ヘレス大会以来となる表彰台を獲得。

ジュニア・タレント・チームに所属する國井勇輝は、10番グリッドから5位と4位に進出すれば、ソムキャット・チャトラ(タイ)は、8番グリッドから6位と5位。トム・ブース=エイモス(イギリス)は、予選で転倒を喫した際に手首を骨折したことから、バルセロナ市内の大学病院で手術を受けることになった。

Moto2™欧州選手権
ポールポジションのイェスコ・ラフィン(スイス)は、独走で今季2勝目。2番グリッドのエドガル・ポンス(スペイン)は、7.291秒差の2位。4番グリッドのアウグスト・フェルナンデェス(スペイン)は3位に入り、世界選手権からの復帰組が表彰台を独占。初参戦した全日本J‐GP2の榎戸育寛は、14番グリッドから1分08秒差の16位。

ヨーロピアン・タレント・カップ
第1レースでフランシスコ・ゴメス(スペイン)、第2レースでマッテオ・パタッカ(イタリア)が優勝。

次戦フランス・ルマン大会は、Moto3™ジュニア世界選手権がMotoGP™世界選手権の併催として開催される。