Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「強さを感じている。グレートな日曜となるだろう」

レースシミュレーションとなるフリー走行4で16年7月の第9戦ドイツGP以来となる最速時計。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第4戦スペインGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.334秒差の7番時計を記録。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日に11番手と4番手だった後、2日目はフリー走行3で3番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分39秒台を6回、1分38秒台を3回記録して、今季2度目の1番手に進出。

「今日はバイクの悪い感じがなかった。初日と比較すれば、少し良くなり、ビックなステップではないけど、良くなることは常に重要だ。とにかく、予選は期待通りではなかった。タイムは非常に接近している。多くのライダーたちは非常に似たようなタイムを出した。信じられない!」

「僕たちは、その速いグループ内に位置している。強さを感じているから、明日は僕たちのベストでトライしよう。サーキットに来てくれるファン、そして、家でテレビ観戦してくれるファンにとっても、グレートな日曜となるだろう」と、緊迫の接戦となることを予想した。