Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「問題は10か月前から。電子制御が働かないんだ」

昨年と同じ問題に苦しめられ、チームメイトと同調するように、電子制御の改善を要望。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第4戦スペインGPの決勝レースで、3列目11番グリッドから13.543秒差の7位。開幕から4戦連続のシングルフィニッシュで総合3位を維持したが、5ポイント差から20ポイント差にギャップが拡大した。

「高いモチベーションとやる気満々でオースティンから乗り込んで来て、本当にがっかり。この状況から抜け出そうと僕たちは懸命に働いている。僕たちのポジションは表彰台争い。そして、優勝争いなんだ。ものごとが機能すれば、優勝争いができることを完璧に分かっているけど、僕たちは後退している。ライバルたちは僕たちを大きく上回っている。仕事を続けないといけない。」

「10か月間も同じことを言い続けている。グリップがないんだ。全てにトライしているけど、最終的には同じ問題の繰り返し。加速しないんだ。これは電子制御が働かないことを意味する。バイクが機能するように、週末を通じて、何度も走り方を変えてみた。僕は混乱を感じている。」

「問題はハッキリしている。解決しなければいけない。モルビデッリやバウティスタの後ろを走って、劣っているとことを確認した。僕はそのことを伝える。その一方で、僕のチームは、週末を通じて、1000通りのセットアップを試してみた。」

「バイクはトラックに次第で大きく変わってしまう。もしかしたら、ルマンでは解決してしまうかもしれないけど、問題は10か月前から存在する。プレシーズンから、このような状況は予想されて、僕は繰り返し主張して来た。今はここまでと同じように全力でトライしなければいけない」と、チームメイトと同調するように、電子制御の改善を再度要望した。