Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

エスパルガロ兄「表彰台争いは間違いなかった」

今季3基目となるニューエンジンを投入したが、ネジの緩みが原因で、1ラップ目にリタイア。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、前戦アメリカズGPで今季初めてのポイント圏内進出となる10位だった後、ホームレースとなる第4戦スペインGPの決勝レースで5列目13番グリッドから1ラップ目にエンジンがストップ。今季3度目の0ポイントで終わり、総合15位から18位に後退した。

「僕はアプリリアを表彰台に導きたい。僕のキャリアの中で、かつてないほどの走りをしている。成功を収められる自信があり、(18番手だった)ウォームアップ走行で証明したペースとフィーリングから、今日は最高のチャンスだと思っていたけど、あっというまに失ってしまった。技術的な理由で、リタイアをなってしまい残念。これは僕の士気に助けとならない。」

「アプリリアはヘレスで本当に良かったんだ。表彰台争いは間違いなかったけど、エンジンが止まってしまった。4戦中3戦で、エンジンが壊れてしまった。エンジンが原因で3度もリタイアしたことは、受け入れられない。」

「何が発生したのか正確に解らないけど、あまり興味がない。アプリリアは僕と同じように激怒している。彼らは僕への謝り方を知らない。これから重要なレースを迎えるから、何が起きていることを理解するように努めるだろう。今週のテストで改良されたものを投入することを約束してくれた。彼らを信じる」と、意気消沈した表情でレースを振り返った。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催されるオフィシャルテストに参加せず、第6戦イタリアGPの開催地、ムジェロ・サーキットに移動。2日間のプライベートテストを実施する。