Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By motogp.com

プレスカンファレンス~マルケス&ロッシらが出席

マルケス、ザルコ、イアンノーネ、ロッシ、ペトルッチ、エスパルガロ兄がシーズン5戦目の共同会見に出席。

第5戦フランスGPのプレスカンファレンスは17日、ルマンのプレスカンファレンスルームで行われ、総合1位に進出するマルク・マルケスをはじめ、最高峰クラスで初めて総合2位に浮上したヨハン・ザルコ、2戦連続3位表彰台を獲得した総合4位のアンドレア・イアンノーネ、総合6位のバレンティーノ・ロッシ、総合9位のダニロ・ペトルッチ、アプリリアとの契約を更新した総合18位のアレイシ・エスパルガロが出席。前戦スペインGPとオフィシャルテストを振り返り、週末の抱負と期待を語った。

マルク・マルケス
「シーズン序盤は本当に良かったけど、改善にトライして行かないと。ヘレスとムジェロで重要なテストを実施した。特にムジェロ。幾つか小さなことが見つかったけど、もっと改善する必要がある。ルマンはいつも苦しむ。結果に関しては、厳しいトラックの1つだけど、好きなトラック。今週末は今天候に恵まれそうだ。懸命に仕事をしよう。」 「昨年の弱点は加速。大きく失ってしまい、コーナーで挽回しなければいけなかったけど、今年はその点が大きく改善された。今週末は、全体的に昨年までとは異なることを期待するけど、ヤマハは強い。ヨハンはエクストラなモチベーションを持ち、ドゥカティとスズキも強い。全員が非常に接近している!」

ヨハン・ザルコ
「最も難しいというわけではない。楽しい。エクストラなモチベーションがある。総合2位に進出していることは、本当にナイスで、完璧な状況だ。僕は優勝という夢を追いかける。僕にとってグッドなトラック。昨年ヤマハは非常に良く機能した。バイクは昨年と似ているから、機能させ、全てを完璧にさせる必要がある。ヘレスのテストは良かったから、そのことを活かして戦闘的になりたい。今は優勝のことだけを考えている。明日、全てが上手く行くか見てみよう。」

アンドレア・イアンノーネ
「僕たちにとって、良い時期を迎えている。オースティンから好調だ。僕たちは全てのプラクティスで良くなった。フィーリングもリザルトも全てが良くなっている。昨年は難しかったけど、今年は状況が全く違う。バイクは冬の間に大きく改良された。数日後には、僕の将来を知ることになるだろう。」

バレンティーノ・ロッシ
「僕は速くない。ヘレスとムジェロのテストで、あまり多くのことが見つからなかった。それに、試すことが多くなかった。バイクのバランスを理解するために、細かいことの仕事に取り組んだ。ルマンではM1が良く機能する。ここ数年は強かったけど、今年はライバルたちとレベルを比較しなければいけない。」

「ルマンでは、あまり優勝を挙げていないけど、グッドのレースが多かった。ハードブレーキングと方向転換が多い好きなトラック。昨年はグレートだったから、今年が楽しみ。ヤマハは休みなく働いている。もしかしたら、幾つか異なることを試すために、時間が必要になるかもしれない。このカテゴリーはレベルが非常に高い。全員が非常に接近している。トップ5に入ることさえ、勝利に匹敵するパフォーマンスが必要だ。」

ダニロ・ペトルッチ
「ヘレスではポジティブな週末となった。表彰台を逃したことは少し悲しかったけど、ビッククラッシュの後でポジションを稼いだことは幸運だった。ドゥカティのファクトリーライダーたちに接近するには、何かが必要。幾つかのことを試すつもりだから、もしかしたら、ここから挽回が始まるかもしれない。目標は可能な限りトップに接近することだ。」

アレイシ・エスパルガロ
「シーズンが始まったときから言っているように、僕の優先事項はアプリリアから参戦を継続することだった。僕のキャリアで、2年以上も同じチームに所属したことがないから、今回の契約が僕に安定感を与えてくれると思う。シーズン序盤はあまり良くなかった。不運が続いたけど、上位陣からそれほど離されていない。アプリリアと共にRS‐GPを改良させるという目標に向けてファイトしよう。最初のテストからバイクは大きく成長したけど、アプリリアのレベルは非常に戦闘的なんだ。」

Support for this video player will be discontinued soon.

プレスカンファレンス