Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 hours 前
By Repsol Honda Team

マルケス「サプライズ。14年のような感触がある」

ヘレスとムジェロのテストを経由して迎えた初日は、1番手と2番手に進出。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第5戦フランスGPのフリー走行1で、独走優勝を挙げた第3戦アメリカズGP以来となる今季2度目の1番手発進。フリー走行2は、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分33秒台を3回、1分32秒台を6回記録して、トップタイムから0.168秒差の2番手。

「サプライズだった。通常、僕たちはここで苦戦する。他のサーキットよりも苦労する。午後は良かった。レースに向けて集中した。最後にリアにハードタイヤを履いて速かったことは良かった。ルマンには幾つかの疑問があったけど、すごく良いことが見つかった。14年のような感触があるけど、今は当時よりも競争力が高い。ライバルたちのレベルは、さらに高くなっている。」

「ドゥカティがドビと契約を更新したのは当然のこと。彼を逃してしまえば、それはミスだっただろう。あのバイクで唯一速く走れるライダーだから、もし僕がドゥカティなら、1月には契約を更新していただろう」と、初日を振り返り、発表されたドゥカティとアンドレア・ドビツィオーソに関して意見を語った。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「全員がとても、とても接近している!」

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス&ペドロサがフェアリングを投入