Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Team Suzuki Ecstar

地元で4位のイアンノーネ「表彰台を期待していた」

ウォームアップ走行で週末4度目の1番手に進出した後、グループ内で3位表彰台争いを展開。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第6戦イタリアGP決勝レースで、2列目4番グリッドから7.885秒差の4位。総合7位を維持したが、ポイントリーダーとのギャップを48ポイント差から35ポイント差に詰めた。

「ベストを尽くしたけど、表彰台でフィニッシュすることを期待していた。そのことは確かだけど、リアタイヤに問題があった。路面は非常に暑かったから、特にストレートで加速を失ってしまい、コーナーでタイムロスを挽回することが非常に難しかったけど、レースに満足。」

「最初からプッシュして、中盤はタイヤを少し挽回させるためにペースを落とした。終盤が本当に重要となることは分かっていた。最後までベストを尽くした。4位はグッドなリザルト。一貫してトップに立つために、幾つかの分野を改善したい」と、ホームレースの4位を振り返った。