Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Repsol Honda Team

転倒を喫したマルケス「バイクを起こすことができなかった」

昨年の第5戦フランスGP以来19戦ぶりの転倒0ポイントで、アドバンテージが23ポイントまで減少。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第6戦イタリアGP決勝レースで、フロントに非対称のハードコンパウンド、リアに唯一ハードコンパウンドのタイヤを選択して、2列目6番グリッドから2番手走行中の5ラップ目10コーナーで週末2度目、今季8度目の転倒。18番手に復帰して16位で完走したが、総合2位とのアドバンテージが36ポイント差から23ポイント差に詰まった。

「あの転倒から避けることは難しかった。セーフティーゾーンのアスファルトがもっとあったら、助かったかもしれない。グラベルを抜けた方が、もしかしたら、タイムロスが短かったかもしれないけど、肘を使ってもバイクを起こすことができなかった。」

「思ってもいなかったところで転んでしまったのは残念。転倒が理解できなかった昨年の序盤のような状況だ。今回は昨年の序盤に供給したタイヤを再投入して、同じようなことが起こってしまった。このレースに限定した供給だから幸運だ。」

「今年は全てのリスクをマネージメントするように心掛けている。レース中の転倒は、昨年のルマン以来。誰もがミスを犯すけど、昨年のタイヤが供給されたのは偶然かもしれない。今週末は全員がタイヤに不満があり、タイヤマネージメントのために、レースペースは大きく落ち、ホンダ勢は苦戦した。フロントのグリップがないとき、僕たちは苦しむ。上手くマネージメントができなかった。レースに戻ったときは、あまりプッシュしなかったけど、表彰台のペースからそれほど離されなかった。」

「シーズンの序盤は全員が多くのミスを犯したようだ。1レース分のマージンがあることが大切。昨年は総合1位から37ポイント差だった。3連勝を挙げたことで、全てが簡単なように思われるけど、チャンピオンシップは長い。全てのことが起こるから、集中しなければいけない」と、転倒を振り返り、気を引き締めた。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルク・マルケスのクラッシュ