Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By motogp.com

ブラジルGPの開催に向けて予備契約を締結

95年から04年まで開催されたブラジル(リオデジャネイロ)での復帰に向け、第一歩を踏み出す。

Tags MotoGP, 2018

ドルナスポーツは15日、リオ・モータースポーツとの間で、ブラジルGPの21年からの開催に関して、予備契約を締結したことを発表。開催地は、16年夏季五輪のオンンピックパークになるために解体されたジャカレパグア・サーキット(95年から04年まで開催)に代わり、リオデジャネイロ州の州都リオデジャネイロ近郊に新設されるサーキット。FIM国際モーターサイクリズム連盟の開催基準であるホモロゲーションを取得すれば、21年から開催日程に加わる可能性がある。

リオデジャネイロ市に本部を置き、ブラジル国内におけるモータースポーツの投資と開発を展開するプロモーター、リオ・モータースポーツの最高執行責任者であるJR・ペレイラは、「リオの人々は常に大変熱狂的なこのイベントを歓迎していました。我々はドルナと共に、ブラジルに復帰するという重要な関心を持つことを喜び、市内にレーストラックを建設されることを期待し、レースを促進します。リオデジャネイロには、市内で主要なスポーツや文化イベントを開催するための専門的な知識を持ち、主要なモータースポーツイベントを受け入れる組織があります」と、イベントを開催する準備があることを説明。

ドルナスポーツの最高経営責任者であるカルメロ・エスペレータは、「ブラジルに戻ることが楽しみです。この覚書は、チャンピオンシップと南米のファンにとって素晴らしいニュースです。我々は正真正銘の世界的なスポーツ、パドック、グリッドを所有し、開催日程に他国、特にブラジルを追加することを常に目指していました。情熱と信じられない雰囲気に包まれる国、大陸で開催することは喜びです」と、開催の可能性を歓迎した。

Support for this video player will be discontinued soon.

リオ・モータースポーツがブラジルGP開催に向けて予備契約