Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

リアグリップの向上に取り組んだモルビデッリ「レース時よりも速くなった」

週末に4度の転倒を喫したが、決勝レースとオフィシャルテストで新人勢の最高位に進出。

エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDSのフランコ・モルビデッリは、12番手走行中の残り5ラップで週末4度目、今季5度目の転倒を喫したが、新人勢で唯一最後まで走り切って14位完走。新人勢の最高位となる総合16位に浮上した後、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加。

決勝レースでは、1分41秒台を15回、1分40秒台を1回記録したが、オフィシャルテストでは、16度のコースインで70ラップを周回すると、1分41秒台を16回、1分40秒台を23回記録。公式予選1で記録した週末のベストラップを更新して、新人勢の最高位となる12番手に進出した。

「主な目的は、特にリアグリップとアンチウイリーに関して、より良く理解するためにセッティングのオプションを試すことだった。ハード、ソフトのコンパウンド共にリアタイヤのグリップを高めることができ、ペースがすごく良くなった。レース時よりも速くなったから、今回のテストは有効だったと言える。ミシュランのフロントタイヤも試し、幾つかのポイントが良くなったようだ」と、収穫が大きかったことを説明した。