Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By LCR Honda CASTROL

表彰台を追求するクラッチロー「生産的なテスト」

2戦連続4度目となるインディペンデントチームライダー部門の最高位に進出した後、テストプログラムを実行。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、4列目12番グリッドから4位に進出した第7戦カタルーニャGPの決勝レース後、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加。14度のコースインで61ラップを周回すると、1分40秒台を18回、1分39秒台を3回記録して、0.811秒差の6番手だった。

「非常に暑かったけど、グッドな1日となった。電子制御やミシュランの新しいフロントタイヤを含めて沢山のことを試した。ラップタイムに集中しなかったけど、非常に生産的なテストとなった。61ラップを周回して、将来のレースに向けて有効なデータを収集した。」

「次戦はアッセン。目標は表彰台だけど、チャンピオンシップのスタンディングを上昇させるために、ポイントを稼ぐことも非常に重要だ」と、テストを振り返り、4ポイント差と8ポイント差に接近した総合4位のヨハン・ザルコと総合3位のマーベリック・ビニャーレスに挑戦することを宣言した。