Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By LCR Honda IDEMITSU

初優勝の舞台に臨む中上貴晶「前戦の雪辱を果たしたい」

2年前にキャリア初優勝、1年前に表彰台を獲得した伝統の舞台で、新人勢の最高位を狙う。

LCR・ホンダ・イデミツの中上貴晶は、前戦カタルーニャGPで転倒リタイアを喫し、デビュー戦からの連続完走記録が止まったが、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加すると、最多の88ラップを周回して16番手。今週末は、昨年3位、2年前の16年にキャリア初優勝を挙げたTT・サーキット・アッセンで、3戦ぶり5度目のポイント圏内、第3戦アメリカズGP以来となる新人勢の最高位、初のトップ10入りを目指す。

「今週末はグッドなリザルトが必要。このトラックには良い思い出があり、昨年は表彰台を獲得、2年前の16年には初優勝を挙げて最高だった。僕のライディングスタイルに合っているので、前戦の雪辱を果たしたい。」

「もう一度良い週末にしたい。天候が良さそうなのはポジティブ。ステップ・バイ・ステップで前進したい。FP1では適応するのに時間が必要になるかもしれないけど、FP2とFP2ではセットアップのグッドな解決策を見つけよう」と、週末の期待と対策を説明した。