Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

33秒台を最多の3回記録したロッシ「プッシュすることができる」

最後の優勝を挙げた伝統に舞台に戻って来た初日は、コンマ4秒差の総合4番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第8戦TTアッセンのフリー走行1で10番手。フリー走行2は、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分34秒台を7回、1分33秒台を最多の3回記録して、トップタイムから0.401秒差の4番手に浮上した。

「役割上から、僕たちがアッセンで強くなることを期待するけど、それは決して分からない。初日はポジティブ。午前も午後も良かった。トップ4という順位はそれほど悪くない。バイクは良く機能する。タイヤも良いから、プッシュすることができ、グッドなペースで走れることが許される。」

「その一方で、トップライダーたち全員が非常に速い。非常に似たようなペースだから、良い仕事をしなければいけない。日曜に向けて、ベストなタイヤチョイスを理解しよう。この天候が週末を通じて続くことを期待する」と、初日を振り返り、2日目の課題を説明した。