Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Ducati Team

表彰台を狙ったドビツィオーソ「リアタイヤが限界」

予選後に自信を語った通り、優勝と表彰台獲得に挑戦し、不得意サーキットで改めて戦闘力を証明。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第8戦TTアッセンの決勝レースで、2列目4番グリッドからグループ内で優勝争いを繰り広げ、2.422秒差の4位。総合8位からドゥカティ勢の最高位となる5位に浮上したが、総合1位とのギャップが61ポイント差に広がった。

「ライダーよりもファンにとってナイスなレースとなった。本当にタフなレースだった。僕たちは速く、戦闘的だった。週末を通じて良い仕事をしたけど、ラスト8ラップはリアタイヤが限界。最後までポジションを堅守しようとトライして、何とか4位でフィニッシュした。」

「表彰台を期待していたけど、正直、今日はこれ以上何もできなかった。レース終盤はグリップがほぼなかったから、もっと上手くタイヤをマネージメントしなければいけない。良い仕事をしてくれたチーム全員を祝福したい」と、僅少さで表彰台を逃した理由を説明した。