Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Team Suzuki Ecstar

リンスのレースを称賛したイアンノーネ「僕もポテンシャルを発揮したい」

表彰台を獲得したチームメイトの活躍に刺激。課題は一貫したレースペースとタイヤの寿命。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第8戦TTアッセンの決勝レースで、3列目9番グリッドから10位。15コーナーから18コーナーにかけて、コースをショートカットしたことからレース後に、2秒加算のペナルティが課せられて11位に降格した。

「少し難しいレースだった。最初からバイクの挙動が大きかったから、この問題に苦しんだ。エンジニアたちと一緒に解決しよう。既に幾つかのことを試したけど、解決策が見つかるまで諦めるつもりはない。1ラップでは上手く走れるけど、レースペースとタイヤの寿命を改善する必要がある。」

「今日は限界だった。それが理由でミスを犯してしまったけど、これもレース。アレックスが嬉しい。本当にグッドなレースだった。僕たちのポテンシャルを証明した。僕も早く全てのポテンシャルを発揮したい。」

「今日はペースが良くて、トップグループに近づいたから、ザクセンリンクでの目標は幾つかのことを改善させ、上位陣に更に接近することだ」と、トップグループから徐々に引き離された理由を説明した。