Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

表彰台争いに戻りたいザルコ「週末は必要なステップ」

スライドとマシンコントロールといった制御の問題を抱えていたが、トップグループを追走して総合4位を堅守。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、、第8戦TTアッセンの決勝レースで、3戦連続の3列目、2戦連続の8番グリッドから3戦ぶりにトップグループを追走。7.001秒差の8位に進出して総合4位とインディペンデントチームライダー部門の最高位を維持した。

「ハッピーな1日となった。ウォームアップ走行で幾つかのことが見えた。チームには、ファイトすることが難しいと伝え、上位陣とバトルをするためにブレーキングの前進が必要だった。チームはこの前進を果たしてくれたと思う。グッドなフィーリングがあった。」

「スタートは良かった。序盤はポジションを稼ぐのが難しかったけど、直ぐに良い感じを得て、ペトルッチを抜くことができ、ファンタスティックなグループに位置することができた。上手く走れて、彼らを追いかけることができたけど、週末を通じて問題を抱えていたことで、ファイトするには十分な戦闘力がなかった。」

「もしかしたら、今週末は再び表彰台を争うには必要なステップだったかもしれないから、喜ぶ必要があるだろう。グッドなフィーリングが戻って来て、僕たちは総合4位。強さを維持する必要がある。全体的にはグレートで楽しいレースだった」と、決勝レースを冷静に分析した。