Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Alma Pramac Racing

2番手発進を決めたペトルッチ「フィーリングが本当に良い」

22秒台を最多の10回記録して、開幕戦以来、自己最高位タイとなる初日総合2番手に進出。

アルマ・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第9戦ドイツGPのフリー走行1で6番手。フリー走行2は、3度のコースインで22ラップを周回すると、1分22秒台を最多の10回、1分21秒台を2回記録して、トップタイムから0.257秒差の2番手に浮上した。

「初日のプラクティスに大満足。午前のプラクティスを上手く始めることができ、リアタイヤの消耗を軽減させるために懸命に働いた。もしかしたら、まだレースペースがよくないかもしれないけど、フィーリングが本当に良い」と、好発進した初日の仕事内容を説明した。