Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By LCR Honda CASTROL

表彰台争いに挑戦するクラッチロー「手応えがある」

6年前にキャリア初表彰台、2年前にキャリア初優勝を挙げたブルノで表彰台を狙う。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第10戦チェコGPの公式予選で、ポールポジションから0.366秒差の5番時計を記録。2年前の16年にキャリア初優勝を挙げた決勝レースを2列目から迎える。

初日総合14番手だった後、2日目はフリー走行3で今季11度目の転倒を喫したが、7番手に浮上。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで12ラップを周回すると、1分57秒台を6回記録して、0.912秒差の9番手。

「今週末の暑い条件の中で、フロントタイヤのマネージメントに問題があるから、2列目に進出できたことが嬉しい。ライバルメーカーは、フロントにハードタイヤを使用することができるけど、それは僕たちにとって反対のことなんだ。」

「僕たちは可能な限り最善を尽くした。僕は予選を楽しんだ。5番手は今日の中で最高の順位。チームとHRCは最高の仕事をしている。僕たちは戦闘力を高めるために最善を尽くしている。表彰台を獲得できるペースがある。その手応えがあるけど、明日の天候を確認しよう」と、2日目を振り返った。

Enjoy these … Thanks to my @lcr_honda team @monsterenergy

Una publicación compartida de Cal Crutchlow (@calcrutchlow) el