Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Repsol Honda Team

最高峰クラス100戦目で優勝を逃したマルケス「今季のワーストリザルトだ(笑)」

週末を通じて頭脳的な走りに徹して表彰台を獲得し、総合2位ロッシとのポイント差を拡大。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第10戦チェコGPの決勝レースで、1列目3番グリッドからドゥカティ勢との優勝争いを繰り広げて、0.368秒差の3位。4戦連続8度目の表彰台を獲得して、総合2位とのアドバンテージを46ポイント差から49ポイント差に拡大した。

「100戦目で勝てなかった。転倒を除いて、今季のワーストリザルトだ(笑)。冗談は置いといて、スピードはあったけど、ドゥカティ勢は加速が非常に強烈だから、彼らとのバトルは非常に難しい。それに、ブレーキングも非常に強い。10コーナーでホルヘと同じようなブレーキングをしてみたけど、フロントが閉じてしまい、転びそうになったから、16ポイントで十分だと言い聞かせた。それに、僕たちが苦戦するトラックであることを忘れてはいけない。」

「週末の目標は、チャンピオンシップにおけるアドバンテージを広げること。46ポイント差からさらに拡大したことは良かった。僕たちは前進している。」

「オーストリアが楽しみ。ドゥカティ勢が有利だと思えない。彼らと比較して、確かに僕たちは加速で劣っているけど、昨年よりも良くなっているポイントがある。それに、明日のテストで試すことがある。彼らが優勢だという考えを持って、オーストリアに行くつもりはない」と、表彰台を獲得したレースを振り返り、次戦でドゥカティ勢との対戦を楽しみであることを語った。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルク・マルケスが100戦目に到達

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「100戦目。経験を活かした」