Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By LCR Honda CASTROL

表彰台を狙ったクラッチロー「グッドなリザルトだったけど残念」

今季2度目の表彰台を逃したが、インディペンデントチームライダー部門で今季6度目の最高位進出。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第10戦チェコGPの決勝レースで、2列目5番グリッドから終盤までトップグループ内で優勝争いを繰り広げ、2.958秒差の5位。インディペンデントチームライダー勢の最高位に対して、9ポイント差から7ポイント差に接近した。

「3位を獲得したかったけど、リアタイヤが消耗してしまった。トップ3人と同じようにコーナーを立ち上がることができず、コーナーの中間で浮かび上がってしまったから、バイクをしっかりと掴む必要があった。これが問題。これがマルクと僕のバイクの違い。改善しなければいけない。」

「ブルノはホンダにとって決して強いトラックではなかったけど、チームとホンダは素晴らしい仕事をしてくれた。グループ内でバトルをしたことを喜ばないといけない。それに、ダニの前にフィニッシュしたことは、チームと僕のリザルトにとって重要だ。グッドなリザルトだったけど、表彰台を逃してしまったのは残念」と、喜び半分、悔しさ半分の心境を語った。

Epic battle again. Well done boys. Gave what I had today. Enjoyed it. Thanks to my team @lcr_honda !

Una publicación compartida de Cal Crutchlow (@calcrutchlow) el