Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

7位フィニッシュのザルコ「正真正銘のライダーに戻った感じ」

4戦連続8度目のシングルフィニッシュで、インディペンデントチームライダー部門の最高位を堅守。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、後半戦緒戦となった第10戦チェコGPの決勝レースで7番グリッドから7位。総合5位から6位に後退したが、インディペンデントチームライダー部門の最高位を維持した。

「グッドなレースとなった。序盤にオーバーテイクを試みたけど、難しかった。他車は非常に強く、彼らと同じように走ることができなかったから、彼らを追走することに専念した。大きく滑り始め、少しスピードを落とさなければいけなかった。レース後半に入ると、トップグループを追いかけるベターなペースが見つかり、もう少しで捕まえることが出来そうだったけど、限界に近い走りだった。」

「レース終盤、バイクをしっかりコントロールしたけど、ダニロを抜くために必要なポジティブなポイントがなかった。完走が必要だった。僕はそれが嬉しい。2日目からバイクのフィーリング良くなり、久しぶりに表彰台に近づいた。ここ数戦は市販車に乗って、パンを買いに行くような感じだったけど、今日は正真正銘のライダーに戻った感じがあった」と、レースを振り返った。