Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Repsol Honda Team

ウェットで圧倒的な速さを見せたマルケス「すごく良い感じがあった」

ドライのフリー走行1では、23名中唯一新品タイヤに履き替えず、1分24秒台を最多の9回記録。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第11戦オーストリアGPのフリー走行1で、トップタイムから0.581秒差の4番手。ウェットコンディションとなったフリー走行2で今季24度目の1番手に進出した。

「午後はコースで出るか迷ったけど、数ラップを走ってみて、すごく良い感じがあった。午前は良い感じ。レースペースは良かった。20ラップを周回したタイヤで良い感じがあった。このセッションが参考となるから期待感を与えてくれる。」

「ドゥカティ勢は速いけど、僕たちは離されていない。3台が上位を占めたけど、僕は降参しない。ドビツィオーソは若干余裕があるようだ。フリー走行3は重要。あまり時間がない中でレースタイヤを理解しなければいけない」と、2度のセッションで良い感じがあったことを説明した。