Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

8人を抜いて6位に浮上したロッシ「楽しむことができた」

今週末も決勝レースで最高のパフォーマンスを発揮。今季のワーストグリッドから8人抜きで総合2位を堅守。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで5列目14番グリッドから14.026秒差の6位まで挽回。ポイントリーダーとのギャップが49ポイント差から59ポイント差に広がったが、総合2位を維持した。

「後方からスタートしたレースに大満足。ウォームアップ走行での変更により、ペースは速くなかったけど、より一貫して走れるようになった。7位、または8位でフィニッシュできると計算していた。ここでは苦戦することを覚悟していたけど、沢山のライダーたちを抜いて、誰にも抜かれなかったから、楽しむことができた。それに、安定したペースで走れ、リアタイヤを温存することができた。」

「もう少し前方からスタートしていたら、クラッチローは無理だったかもしれないけど、ペトルッチとはバトルができただろう。」

「サーキット次第だけど、表彰台争いを含めて、これから苦しむだろう。ドゥカティの2人に捕まるだろう。ミサノとアラゴンでテストを予定しているけど、状況を一転できるとは思わないけど、僕たちはトライしなければいけない」と、決勝レースを振り返り、困難な後半戦となることを予想した。