Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By LCR Honda CASTROL

地元で初日総合2番手発進を決めたクラッチロー「優勝するペースだ」

2年連続の初日総合1番手を0.005秒差で逃したが、地元優勝に向けて2番手発進。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第12戦イギリスGPのフリー走行1で4番手。フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分02秒台を2回、2分01秒台を2回記録して、トップタイムから0.005秒差の2番手に浮上した。

「最高の1日だとは思わないけど、僕はレースとして改善したいと思っている。当然、今日のポジションは嬉しいけど、バイクのフィーリングに関しては、最高に幸せという訳ではない。チームの週末に対するアプローチの仕方が嬉しい。僕たちの仕事が嬉しいけど、日曜の天気が心配。優勝するペースで走っているから、ドライレースがしたい。」

「シルバーストンに関して、何も悪いことを言いたくない。イベントを運営するために素晴らしい仕事をしているけど、トラックの状態は悪い。3か月前に走ったときは、フラットでパーフェクトだったけど、今の状態は本当に悪い。バンプが多い。今日は風が吹き抜け、全員にとって難しい1日だった」と、初日のセッションを振り返り、トラックコンディションを評価した。

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッチロー「フィーリングの改善が必要だ」