Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By motogp.com

アリアンツが『FIM Enel MotoE™ World Cup』を支援

オフィシャル・インシュアランス・パートナーとして、エレクトリックバイクのチャンピオンシップを強力バックアップ。

ドルナスポーツは6日、ドイツの保険会社アリアンツとの間で、来季初開催されるエレクトリックバイクのチャンピオンシップ、『FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™世界選手権)』に関して合意。オフィシャル・インシュアランス・パートナーとして、21年まで支援を受けられることを発表した。

アリアンツは、17年王者マルク・マルケスのパーソナルスポンサーや電動自動車のレース、フォーミュラEのオフィシャルパートナーとして活動を支援。今回の合意により、電力エネルギー供給社のエネル(タイトル・スポンサー)、エレクトリックバイク製造者のエネルジカ(オフィシャル・エレクトリックバイク・サプライヤー)、タイヤメーカーのミシュラン(オフィシャル・タイヤ・サプライヤー)、ドイツの国際輸送物流社DHL(オフィシャル・ロジスティックス・パートナー)と共に当大会をバックアップすることが決まった。

FIM Enel MotoE™ World Cup』は、既に来季参戦する12チームが決定。第14戦アラゴンGPの際に暫定エントリーリストが公開され、今週末の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでは、初年度の開催地が発表される。