Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Repsol Honda Team

最速時計を記録したマルケス「新品タイヤに履き替えたのは今年初めて」

第2戦アルゼンチンGP以来、今季2度目となる初日総合1番手に進出。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第14戦アラゴンGPのフリー走行1でタイヤを履き替えずに6番手。フリー走行2は、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分49秒台を4回、1分48秒台を3回、1分47秒台を1回記録して、トップタイムをマークした。

「ビニャーレスの後ろを走って、幾つかの問題を検出した。それを言わないけど、ヤマハに起こっていることはストレンジだ。僕たちよりも速いところ、苦労しているところがある理由を理解し難いけど、遅かれ早かれ、その原因が見つかるだろう。ザルコに起こっていることもストレンジ。1ラップだけでなく、ロングランでも苦しんでいる。ルマンまでは非常に速かった。理由が解らない。」

「日曜に勝てなくても大丈夫だけど、当然、僕たちは勝利に向けて仕事をしている。タイでチャンピオンになれる最初のチャンスがあれば、それは最高だけど、重要なのはチャンピオンシップを制覇することで、場所はどこでもいい。」

「今日は良い仕事をした。午前から午後にかけて大きく向上したことが大切。今年初めてモーターランド・アラゴンを訪れたから、セッティングと電子制御の調整が必要だった。最後に僕たちも新品タイヤに履き替えた。もしかしたら、金曜に新品タイヤを入れたのは初めてかもしれない。」

「幾つか疑問符があるから、明日はそれらを確認したい。ドゥカティ勢はヤマハと一緒に数週間前にテストを実施したから、もっと速いと考えていた。タイヤ選択が重要となるだろう」と、ホームグランプリで好発進を切った初日を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「初めて金曜に新品タイヤを履いた」

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケスがヤマハの問題を検出

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPから最終戦バレンシアGPまで生中継とオンデマンドで配信。