Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

予選1で8番手のロッシ「僕はここに闘い続けるためにいる」

第11戦オーストリアGP以来今季2度目の公式予選1でコンマ8秒差の8番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第14戦アラゴンGPの公式予選1でトップタイムから0.804秒差の8番手。

00年から参戦する最高峰クラスで、初日の転倒で右手首と左足を負傷した06年6月の第8戦ダッチGP以来となる18番手。現行の予選方式が採用された13年から自己ワーストリザルトだった。

「午前の転倒が条件付けとなってしまった。予選で大きく時間を失ってしまい、全てのラップで思うように走ることができなかった。僕たちはセッション毎に遅くなってしまった。できることを全てやりつくした。ピットボックス内で試せることを全て試したけど、同じ問題がまだ続いている。」

「今日は新しいことを試したかったけど、全てが悪くなってしまった。明日、改良できるか幾つかのことを試す必要がある。非常に厳しいレースとなるだろう。僕はここに闘い続けるためにいる」と、2日目を振り返り、不屈に精神で決勝レースに臨むことを誓った。

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ「ピットボックスでできることだけでは十分ではない」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPから最終戦バレンシアGPまで生中継とオンデマンドで配信。