Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

72ポイント差に広がったドビツィオーソ「来年に向けて集中しよう」

モーターランド・アラゴンで初めて優勝争いを繰り広げて自己最高位の2位を獲得。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで1列目2番グリッドから優勝争いを展開して0.648秒差の2位。今季6度目の表彰台を獲得したが、総合1位とのギャップが67ポイント差から72ポイント差に広がった。

「最後までトライした。優勝したかった。昨年と比較すれば大きく接近した。以前は表初代が非常に遠くに見えていたけど、今回は達成した。これは将来に向けて非常に重要なことだ。週末を通じて、僕たちはほぼ制していた。これはバイクが改良されたことを意味する。」

「今日のレースが嬉しいけど、不運にもマルクと対決するために切り札をほとんど持ち合わせていなかった。彼と彼のバイクは、僅か数メートルで闘える能力がある。その一方で僕たちにはある程度のスペースが必要だ。」

「正しい方向に向かって進んでいることが嬉しいけど、チャンピオンシップのポイント差が広がっていることが残念。僕たちは来年に向けて集中しよう」と、決勝レースを振り返り、視線を来季に向けて。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPのオンデマンドと第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの生中継を配信。