Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Alma Pramac Racing

トップグループから引き離されたペトルッチ「リアタイヤの振動が原因」

インディペンデントチームライダー勢の最高位を逃したが、同点で総合1位に並んだ。

アルマ・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで3列目7番グリッドから7位に入り、今季3度目となるインディペンデントチームライダー勢の最高位を逃したが、ポイント獲得数が総合1位に並んだ。

「レースに満足できない。序盤の10ラップは、なんとかトップグループに食らいつこうとトライしたけど、リアタイヤから振動を感じて、全力でプッシュすることが許されなかった」と、プライベートテストの成果を発揮できず、初日と2日目のパフォーマンスを再現できなかったことを悔やんだ。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPのオンデマンドと第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの生中継を配信。