Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Honda Team Asia

ホンダ・チーム・アジアが19年プロジェクトを発表

アジア全域からトップレベルで活躍できるライダーの発掘及び育成を目指すホンダのチームが来季も継続参戦。

ホンダ・チーム・アジアは5日、チャーン・インターナショナル・サーキットで来季19年シーズンのプロジェクトを発表。石油事業を展開する出光興産から支援を受け、参戦7年目を迎える中量級のイデミツ・ホンダ・チーム・アジアは、15年からMoto2™欧州選手権にフル参戦する25歳のインドネシア人ライダー、ディマス・エッキー・プラタマと16年にアジア・タレント・カップでチャンピオンに輝き、17年からMoto3™ジュニア世界選手権にフル参戦する19歳のタイ人ライダー、ソムキャット・チャントラを起用。

参戦4年目となる軽量級のホンダ・チーム・アジアは、初代アジア・タレント・カップ王者で17年から起用する18歳の鳥羽海渡に加え、アジア・タレント・カップを経てMoto3™ジュニア世界選手権にフル参戦する17歳の小椋藍を昇格させる。

Support for this video player will be discontinued soon.

ホンダ・チーム・アジアの19年プロジェクト