Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Asia Talent Cup

イデミツ・アジア・タレント・カップ~マレーシア出身のシャリーが連勝

残り2戦4レースのタイトル争い。ファン・エルデと埜口のポイント差は7。

イデミツ・アジア・タレント・カップの第4戦タイ大会は週末、チャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、第1レースと第2レースでダニエル・シャリー(マレーシア/15歳)が連勝。総合5位から33ポイント差の総合3位に浮上した。

第1レースは10人による優勝争いが繰り広げられ、4番グリッドのシャリーが初優勝。19番グリッドのビル・ファン・エルデ(オーストラリア/15歳)は0.021秒差の2位。今季2度目のポールポジションからスタートした埜口遥希(のぐちはるき/16歳)は、0.149秒差の3位。

第2レースは、第1レースを再現するように10人が優勝争いを展開。シャリーがトップでゴールラインを通過すれば、自己最高位の2番グリッドから第1レースで7位だった西村硝(にしむらしょう/16歳)が0.207秒差の2位。3番グリッドのタットチャコーン・ブアラシ(タイ/18歳)が初表彰台となる3位を獲得。埜口は0.666秒差の6位。

他の日本勢は、平間光司(ひらまこうじ/17歳)が7番グリッドから転倒リタイアと14位。松山拓磨(まつやまたくま/13歳)は14番グリッドから10位と12位。千田俊樹(せんだとしき/14歳)は15番グリッドから転倒リタイアと13位。山田尚樹(やまだなおき/15歳)は16番グリッドから9位と転倒リタイア。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのファン・エルデが総合2位埜口とのギャップを4ポイント差から7ポイント差に拡大した。

次戦日本大会は、ツインリンクもてぎで開催。10月19日に第1レース、20日に第2レースが行われる。