Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motogp.com

MotoGP™クラスプレビュー

残り4戦、100ポイントのタイトル争い。総合1位マルケスと総合2位ドビツィオーソのギャップは77ポイント差。

第16戦日本GPは週末、ツインリンクもてぎで19日に初日、21日に決勝レース(開催時間14時00分)が行われ、チャンピオンシップ初開催となった前戦タイGPで2戦連続7勝目を挙げたポイントリーダーのマルク・マルケスが最高峰クラス1年目の13年と14年に2位、15年に4位、16年に優勝、17年に2位を獲得した当地で、3年連続5度目、キャリア通算7度目のタイトル獲得に向け、75ポイント差以上のアドバンテージを目指す。

前戦で2戦連続の2位を獲得した総合2位のアンドレア・ドビツィオーソは、昨年優勝を挙げた当地でマルケスのタイトル獲得を阻止したいところ。

ヤマハの両雄、総合3位のバレンティーノ・ロッシと総合4位のマーベリック・ビニャーレスは、ワイルドカードとして今季初参戦するヤマハのテストライダー、中須賀克行のサポートを受け、表彰台争いを繰り広げた前戦の戦闘力を確認する。

ツインリンクもてぎでの優勝経験がある2人、総合5位のホルヘ・ロレンソは負傷からの復帰を予定すれば、総合11位のダニ・ペドロサは当地でのラストランに臨む。

スズキの両雄、総合9位のアンドレア・イアンノーネと総合10位のアレックス・リンスは、今季3度目のワイルドカード参戦するシルババン・ギュントーリのサポートを受け、4-5位に進出した昨年の再現を狙う。

5ポイント差のバトルとなっているインディペンデントチームライダー部門とルーキー・オブ・ザ・イヤー部門。総合6位のカル・クラッチローに総合7位のダニロ・ペトルッチと総合8位のヨハン・ザルコ、総合15位のフランコ・モルビデッリに総合18位のハフィス・シャリンが挑戦。

総合20位、新人勢3番手の中上貴晶は、最高峰クラスライダーとしてホームデビュー。今季8度目のポイント圏内進出、3度目の新人勢最高位を目指す。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐決勝レース‐ハイライト

 

当サイトの『VideoPass』では、マルケス、ドビツィオーソ、ビニャーレス、リンス、ペドロサ、中上が出席する18日のプレスカンファレンスを17時00分からライブ配信。終了後にはオンデマンドでの視聴が可能。