Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Repsol Honda Team

77ポイント差のマルケス「最初のマッチボールだ」

75ポイント差を維持すれば、3年連続5度目、キャリア通算7度目のタイトル獲得。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦タイGPで2戦連続7勝目。総合2位とのアドバンテージを77ポイント差に拡大。今週末は、最高峰クラス1年目の13年と14年に2位、15年に4位、16年に優勝、17年に2位を獲得したツインリンクもてぎで、3年連続5度目、キャリア通算7度目のタイトル獲得に向け、75ポイント差以上のアドバンテージを目指す。

「僕たちにとって非常に重要なホンダのホームレースで最初のマッチボールだ。当然、ホンダと地元のファンの前でベストリザルトを獲得できるようにトライしよう。もてぎはストップ・アンド・ゴー。ストロングな加速が重要なカギとなるから、ドゥカティのレベルに追いつきたかったら、この分野を少し改善し、懸命に働く必要がある。」

「集中力を維持しよう。落ち着いて、状況を可能な限り上手くマネージメントしよう。重要なのは、場所に関係なく、僕たちの目標を達成することだ」と、角に意識せずに平常心で挑むことを説明した。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第16戦日本GPのプレスカンファレンスから生中継で配信。