Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Repsol Honda Team

タイトル王手のマルケス「決めるには勝たなければいけない」

クラス最多となる今季18回目の転倒が影響して、決勝レースは2列目6番グリッドからのスタート。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第16戦日本GPの公式予選でポールポジションタイムから0.299秒差の6番手。タイトル獲得に王手をかけた明日の決勝レースを3戦ぶり5度目の2列目からスタートする。

初日総合4番手。2日目はフリー走行4で4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4でフロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを装着して、13ラップ目に今季18度目の転倒を喫したが、1分45秒台を最多の6回記録して今季33度目の1番手に進出した。

「良い感じで走れた1号車で転倒してしまい、乗り換えた2号車はセットアップが違っていた。転倒は僕の責任。セットアップを変更する時間がなかったから、それが予選の条件付けとなってしまったけど、明日に向けて、グッドなベースがある。目標は表彰台だけど、可能性があれば、優勝争いがしたい。」

「明日、タイトルを獲得したければ、勝たなければいけない。2年前の方が今年よりも可能性があったけど、転倒が相次いだ。ドビは非常に強い。他よりも少し上回っているけど、僕のペースも良い。優勝の可能性はあるけど、ベストポジションからスタートしない。」

「ドビはとても良いペースで走っている。カルも良いペースで走っているけど、少し無理しているようだ。ドビと僕のギャップは少しだけだけど、彼はいつも何かを隠している」と、1列目を逃した2日目を振り返り、タイトル争いのライバル、アンドレア・ドビツィオーソを警戒した。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルク・マルケスのクラッシュ(ホルヘ・ロレンソの解説付き)

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第16戦日本GPの決勝レースを生中継で配信。