Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Ducati Team

PPのドビツィオーソ「マルクと僕だけではないだろう」

2年連続の優勝に向けて、今季2度目、キャリア通算20度目のトップグリッドを獲得。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第16戦日本GPの公式予選で週末3度目の最速時計を刻み、第10戦チェコGP以来今季2度目、最高峰クラスで7度目、ツインリンクもてぎで14年以来4年ぶり4度目、キャリア通算20度目のポールポジションを獲得した。

初日に今季7度目の総合1番手発進を決めた後、2日目はフリー走行3で1番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロントにミディアム、リアにソフトのタイヤを装着すると、1分46秒台を最多の8回記録して4番手。

「同じタイヤを装着したセッションがないから、正確な比較は難しい。クラッチローは一歩前進した。ザルコもグッドなペースを刻んだ。複数のライダーたちがグッドなステップを果たした。午後のペースを検証する必要がある。ヤマハの2台も警戒すべきだろう。」

「マルクが僕たちよりも悪いとは思えない。2人とも同じレベル。現時点でどちらかが飛び抜けていない。彼は中古タイヤを履いて速かった。タイ、アラゴン、そして昨年のような展開になるかもしれない。チャンピオンシップを闘わない全員がプッシュしてくる。マルクと僕だけではないだろう。」

「僕たちはポールポジションを獲得した。グレートなラップだった。加速が強力であることを証明した。タイヤの消耗を少し検証しなければいけない。もてぎは、序盤にペースを掴むのに耐えなければいけない。幾つかのレース戦略があるだろう」と、マルケスとの一騎打ちにならないことを予想した。

Support for this video player will be discontinued soon.

アンドレア・ドビツィオーソのポールポジションラップ

Support for this video player will be discontinued soon.

ドビツィオーソ「マルクのペースはほぼ僕と同じ」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第16戦日本GPの決勝レースを生中継で配信。