Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Repsol Honda Team

今季19度目の転倒を喫したマルケス「フロントに苦戦。理解し難い」

午前に転倒を喫して6番手。午後はタイヤを履き替えずに7番手。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第17戦オーストラリアGPのフリー走行1で今季19度目の転倒を喫して6番手。フリー走行2は、3度のコースインで最多の24ラップを周回すると、1分30秒台を最多の8回、1分29秒台を1回記録して、0.608秒差の7番手に進出した。

「今日はバイクのグッドなフィーリングを持ってスタートできなかった。とてもストレンジ。ホンダ勢全員が転倒した。フロントタイヤに苦戦していた。理解し難い。転倒は思ってもいなかった。時々、理解するけど、今回は理解できず、フィードバックに時間を費やしてしまった。バイクを幾つか変更して、フィーリングが良くなり始めたから、午後は良いフィーリングで走れたけど、今日の午後と明日に向けてやるべき仕事が沢山ある。」

「幾つか新しいことを試したけど、機能しなかった。明日もう一度試してみよう。バイクを良く理解するために新しいセットアップを試したけど、機能しなかったから、元に戻した。明日やるべきことが分かっている。100%でトライしよう。」

「もちろん、ポールポジション争いにトライしよう。このトラックでは全員が等しいから難しい。プッシュを続けよう。レースに向けて仕事を続けることが大切。目標は日曜にトップに立つこと。明日ではないけど、フィーリングがあれば、プッシュしよう」と、好発進できなかった理由を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルク・マルケスのクラッシュ

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第16戦日本GPをオンデマンド配信。第17戦オーストラリアGPを生中継で提供。