Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By motogp.com

アルマ・プラマック・レーシングが初代王者に王手

残り2戦90ポイントのタイトル争いで、プラマックがLCRに51ポイント差。

アルマ・プラマック・レーシングは、第17戦オーストラリアGPの決勝レースでジャック・ミラーが7位、ダニロ・ペトルッチが12位に進出。今季新設されたチャンピオンシップのタイトル、インディペンデントチームのチーム部門で、総合2位に浮上したLCR・ホンダとのアドバンテージを51ポイント差に拡大した。

ドゥカティ・コルセは、日本GP期間中にホルヘ・ロレンソの負傷代役に関して、ドゥカティのサテライトチームと話し合いを持ち、インディペンデントチームのライダー部門とインディペンデントチームのチーム部門のタイトル争いを考慮して、ペトルッチとミラーを代役として起用しないことを決断。

一方で、LCR・ホンダは、第17戦オーストラリアGPで右足首を骨折して欠場を強いられたカル・クラッチローの負傷代役として、次戦マレーシアGPにHRCのテストライダー、ステファン・ブラドルを招集する。

チーム部門
1. アルマ・プラマック・レーシング: 220ポイント
2. LCR・ホンダ: 169ポイント(−51)
3. モンスター・ヤマハ・テック3: 167ポイント(−53)
4. アンヘル・ニエト・チーム: 93ポイント(−127)
5. アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ: 54ポイント(−166)
6. EG・0,0・マーク・VDS: 46ポイント(−174)
7. レアーレ・アビンティ・レーシング: 36ポイント(−184)

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第17戦オーストラリアGPをオンデマンドで配信。次戦マレーシアGPと最終戦バレンシアGPを生中継で提供。