Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Repsol Honda Team

1番手発進を決めたマルケス「快適さが見つかり、速く走れた」

2度の赤旗が提示された初日に快走の走りで1番手と2番手に進出。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、最終戦バレンシアGPのフリー走行1で今季38度目の1番手。第8戦TTアッセン以来今季3度目の1番手発進を決めれば、フリー走行2は、0.407秒差の2番手だった。

「正直、難しい1日だった。雨と水量だけでなく、寒かった。トラックに水が溜まるとき、唯一できることは、周回を重ねて、転ばないようにすること。この状況では、ものごとが難しくなってしまうけど、路面状態が良いことは幸運だった。素晴らしいグリップがあるから、走ることが許された。」

「バイクの快適さが見つかり、限界を感じ、速く走ることができた。これが非常に重要だ。明日は天候が少し回復しそうだけど、日曜には悪化することが予報されているから、表彰台を争いたければ、どんな状況に対しても対応できるように準備をしなければいけない」と、初日を振り返り、決勝レースに向けて準備を進めることを説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「できるなら表彰台で終わりたい」

VideoPass』では、最終戦バレンシアGPとサーキット・リカルド・トルモで開催されるオフィシャルテストを生中継で提供。