Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~マリーニが1番手に進出

トップ5はマリーニ、ロウズ、バルダッサーリ、ブレガ、マルケス。長島は総合9番手。

技術変更により来季新たな時代を迎える中量級は24日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでオフィシャルテスト2日目を実施。初日に総合2位に進出した総合7位のルカ・マリーニが今年の5月に更新されたサーキットベストラップ(1分41秒890)を上回る1分41秒5234のトップタイムをマーク。2日間の総合で1番手に浮上した。

初日総合3番手のサム・ロウズは、0.268秒差の2番手。アレックス・マルケス、レミー・ガードナーまでが1分41秒台に進出。初日総合1番手のロレンソォ・バルダッサーリは5番手。

古巣のストップ・アンド・ゴー・チームに復帰した初日総合11番手の長島哲太は、0.758秒差の9番手に浮上。

レッドブル・KTM・アジョは、初日に負傷したホルヘ・マルティンの代役として、今回のテストを欠席したアメリカン・チームのイケル・レオクナを招集した。

オフィシャルテストは、25日まで当地で実施される。