Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Red Bull KTM Tech 3

テストデビューしたベツェッキ「走り方の改善が必要」

250ccマシンからトライアンフ製の765ccのエンジンを搭載したKTMに乗り換え。

レッドブル・KTM・テック3から中量級に昇格する20歳のイタリア人ライダー、マルコ・ベツェッキは、フル参戦2年目に3勝を含む9度の表彰台を獲得して総合2位に進出した後、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催されたオフィシャルテストに参加して、初めて排気量765ccのエンジンを搭載したKTMのプロトタイプマシンを試乗。3日間で87ラップを周回して、トップタイムから2.128秒差の総合25番手だった。

「このスタートはとても良かった。今まで乗っていたバイクとは大きく違うから、ライディングポジションとマシンのバランスに関して多くの仕事に取り組んだ。ライディングスタイルを大きく改善しなければいけないことを自覚しているけど、全体的には良かった。」

「最終日は天候が原因であまり走行ができなかったけど、ウェットとハーフウェットのコンディションで数ラップを周回することができ、ウェットでのフィーリングはすごく良かったけど、正直、もう少し期待していた。午後はライディングスタイルとスタート練習にトライするために数ラップを走り、とても良かった」と、中量級での初テストを振り返った。

ビデオパス』では、11月28日から2日間、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催される最高峰クラスのオフィシャルテストからアフター・ザ・フラッグを生中継とオンデマンドで配信。