Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

転倒レポート~バレンシアで最多数の記録を更新

コーナー別では、連続左コーナーから最初の右コーナーとなる4コーナーで最多の38回を記録。

Tags 2018

初開催のチャーン・インターナショナル・サーキットが加わった18年シーズンは、1077回の転倒数を記録。3日間豪雨に見舞われた最終戦バレンシアGPの開催地、サーキット・リカルド・トルモは、昨年の71回を大きく上回り、史上最多となる155回を記録。3日間を通じてドライコンディションで開催されたルマンとバルセロナ‐カタルーニャ・サーキットも初めて3桁の転倒を数えた。

昨年決勝レース日に雨が降り、140回を記録したミサノ・ワールド・サーキットは、好天候に恵まれて75回に減少。TT・サーキット・アッセンは91回から34回、サーキット・オブ・ジ・アメリカズは62回から30回に大幅に減った。

サーキットのコーナー別では、サーキット・リカルド・トルモの4コーナーが最多の38回を記録。ドライコンディションだった昨年は6回。連続左コーナーから最初の右コーナーで転倒が相次ぎ、昨年最多の31回を記録したルマンの6コーナーは11回に止まった。

18年シーズンの最多転倒数
1. サーキット・リカルド・トルモ: 155回
2. ルマン: 109回
3. バルセロナ‐カタルーニャ・サーキット: 100回
4. ミサノ・ワールド・サーキット: 75回
5. フィリップアイランド・サーキット: 69回

18年シーズンの最少転倒数
1. テルマス・デ・リオ・オンド: 20回
2. シルバーストン: 30回
2. サーキット・オブ・ジ・アメリカズ: 30回
4. ロサイル・インターナショナル・サーキット: 31回
5. TT・サーキット・アッセン: 34回

過去5年間の最多転倒数
18年: サーキット・リカルド・トルモ (155回)
17年: ミサノ・ワールド・サーキット (140回)
16年: フィリップアイランド・サーキット (90回)
15年: シルバーストン (79回)
14年: ミサノ・ワールド・サーキット (109回)

過去5年間の最少転倒数
18年: テルマス・デ・リオ・オンド (20回)
17年: ムジェロ・サーキット (28回)
16年: ムジェロ・サーキット/レッドブル・リンク (34回)
15年: テルマス・デ・リオ・オンド (25回)
14年: ムジェロ・サーキット (33回)

コーナー別最多転倒数
38回: サーキット・リカルド・トルモ (4コーナー)
31回: サーキット・リカルド・トルモ (12コーナー)
24回: バルセロナ-カタルーニャ・サーキット (4コーナー)
24回: フィリップアイランド・サーキット (4コーナー)
20回: ルマン (3コーナー)

バレンティーノ・ロッシのクラッシュ

バレンティーノ・ロッシのクラッシュ

マーベリック・ビニャーレスのクラッシュ

マルク・マルケスのクラッシュ

マルク・マルケスのクラッシュ

19年シーズンの転倒シーンも動画配信する『ビデオパス』では、オフシーズンの期間中にアーカイブの見放題とオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供するオフシーズンビデオパスを提供中。