Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Alma Pramac Racing

総合2番手に進出したバグナイア「タイムアタックはとても良かった」

58秒台を最多3回記録し、インディペンデントチームライダー勢と新人勢の最高位に進出。

アルマ・プラマック・レーシングのフランセスコ・バグナイアは、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテストの3日目、最終日に5度のコースインで21ラップを周回。2分00秒台を3回、1分59秒台を2回、1分58秒台を最多の3回記録して、トップタイムから0.063秒差の2番手、総合2番手で終了した。

「僕たちが3日間で実行した仕事がとても嬉しい。僕たちはセッティングのグッドなベースを作り上げた。カタールでグッドなスタートが切れることに役立つだろう。まだ電子制御の細かいところに関して仕事が必要だけど、僕は本当に幸せだ。」

「タイムアタックはとても良かった。ペースも悪くない。カタールでレースシミュレーションをしよう」と、今年最初のテストを振り返り、次回テストの課題を説明した。

オフィシャルテスト~フランセスコ・バグナイア
1日目:2分00秒694(49ラップ/15番手)
2日目:1分59秒995(52ラップ/12番手)
3日目:1分58秒302(21ラップ/2番手)

オフィシャルテスト~トップタイム
1日目:1分59秒621(マルク・マルケス)
2日目:1分58秒897(マーベリック・ビニャーレス)
3日目:1分58秒239(ダニロ・ペトルッチ)

サーキットレコードラップ:2分00秒606(15年/ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ:1分59秒053(15年/ダニ・ペドロサ)
オフィシャルテストベストラップ:1分58秒830(18年/ホルヘ・ロレンソ)

Support for this video player will be discontinued soon.

バグナイア「MotoGPライダーのように走れた」

ビデオパス』では、2月23日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供。