Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

飛躍を遂げたリンス「フィーリングは最高だ!」

3日間安定した高速ペースで周回を重ね、1年前の総合15番手から大きく躍進。

チーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスは、オフィシャルテスト3日目に9度のコースインで41ラップを周回。2コーナーで転倒を喫したが、1分55秒台を13回、1分54秒台を2回記録して、トップタイムから0.644秒差の11番手。3日間総合3番手でプレシーズンの全日程を終了した。

「フィーリングはインクレディブル!仕事の成果が発揮され、僕は望んでいたところにいる。この冬にスズキは僕が要求した全てのことに対応してくれた。とても嬉しい。開発の手段は大変良かった。ベースは既に良かったから、改善はチャレンジだったけど、安定感、ブレーキング、トップスピードが良くなった。」

「タイムシートを見ると、ペースが分かる。ベストタイムを出そうとプッシュしているところで転んでしまったけど、何も心配することはない。ただ、上位に進出しなかっただけ。」

「僕たちはグッドなプレシーズンだった。準備ができているけど、もし、カタールで勝てなくても、18戦が残っている」と、スズキの開発作業を改めて称賛し、転倒を喫した最終日を振り返った。

オフィシャルテスト
1日目:1分55秒159 (48ラップ/2番手)
2日目:1分54秒650 (47ラップ/1番手)
3日目:1分54秒852 (41ラップ/11番手)

19年オフィシャルテストベストラップ:1分54秒208
サーキットレコードラップ:1分54秒927(16年/ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ:1分53秒680(16年/ヨハン・ザルコ)
オフィシャルテストベストラップ:1分54秒029(18年/ヨハン・ザルコ)

ビデオパス』では、開幕戦カタールGPから最終戦バレンシアGPまで全19戦を生中継とオンデマンドで配信。