Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

フリー走行2:新人バグナイア&クアルタラロが躍進!

エスパルガロ弟&KTMが4番手。マルケスは6番手、リンスは7番手、ドビツィオーソとロッシは11番手と18番手。

第6戦イタリアGPのフリー走行2は31日、ムジェロ・サーキットで行われ、フリー走行1で17番手だった総合16位のフランセスコ・バグナイアが初めてのトップタイムをマーク。最高峰クラス6戦目で初日総合1番手に進出した。

気温23度、路面温度45度のドライコンディションの中、フリー走行1で4番手のファビオ・クアルタラロは、トップスピード部門で21番手(時速337.9キロ)だったが、0.046秒差の2番手。フリー走行1で2番手のダニロ・ペトルッチは、0.131秒差の3番手。

フリー走行1で8番手のポル・エスパルガロは、0.234秒差の4番手に浮上すれば、フリー走行1で14番手のマーベリック・ビニャーレスは、0.241秒差の5番手にジャンプアップ。

フリー走行1で今季4度目の1番手発進を決めたマルク・マルケスは、セッション終盤に新品タイヤに履き替えずに0.330秒差の6番手。フリー走行1で11番手のアレックス・リンスは、最多の21ラップを周回して7番手。フリー走行1で9番手のカル・クラッチロー、フリー走行1で6番手のジャック・ミラー、フリー走行1で15番手のフランコ・モルビデッリがトップ10入り。

フリー走行1で10番手のアンドレア・ドビツィオーソは、トップスピード部門で1番手(時速349.9キロ)に進出したが、0.615秒差の11番手。フリー走行1で3番手のミケーレ・ピロは13番手。

フリー走行1で7番手の中上貴晶は、0.751秒差の14番手。

フリー走行1で12番手のバレンティーノ・ロッシは、0.994秒差の18番手に後退した。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐フリー走行2

20%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第6戦イタリアGPを全セッションノーカットの完全生中継!