Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

ロッシと接触したミル「望む順位ではないけど、ポイントが嬉しい」

5ラップ目にコースアウトを喫したが、猛追撃で開幕戦以来となるポイント圏内まで挽回。

チーム・スズキ・エクスターのジョアン・ミルは、第6戦イタリアGPの決勝レースで7列目20番グリッドから1ラップ目に7つポジションを上げて13番手まで浮上。

5ラップ目にバレンティーノ・ロッシとの接触が原因でグラベルに突入したことから21番手まで後退したが、20.544秒差の12位まで挽回。総合17位から15位に浮上した。

「バレンティーノと接触してしまい、7秒ほどタイムロス。トップ10入りを逃してしまったけど、結果は早い時期に獲得できるはずだ」

「たとえそれが望まないポジションであっても、週末のポテンシャルを発揮して達成できると手応えを感じていたリザルトでなくても、幾つかのポイントを稼いだことが嬉しい。バレンティーノと僕は接触してしまい、7秒ほどタイムロスしてしまった。これが原因でトップ10入りを逃したけど、今週末には素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。」

「バイクのフィーリングは良かった。結果は早い時期に獲得できるはずだ」と、前向きな姿勢を崩さずに、コースアウトを振り返った。

20%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第6戦イタリアGPも決勝レースを完全生中継!