Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By motogp.com

フリー走行1:総合20位ロペスが初の1番時計

真崎が8番手発進。鈴木は16番手、山中は21番手、佐々木は26番手、鳥羽は27番手、小椋は27番手。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行1は14日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、総合20位のアロンソ・ロペスが参戦2年目に初めてトップタイムをマーク。ホームグランプリで好発進した。

気温22度、路面温度25度のドライコンディションの中、総合24位のセルジオ・ガルシアは、0.017秒差の2番手。エストレージャ・ガリシア・0,0の2人がワンツースタートを切れば、総合10位のガブリエル・ロドルゴは、0.047秒差の3番手。総合11位のダーリン・ビンダーと総合26位のジャン・オンジュがトップ5入。

総合21位の真崎一輝は、0.581秒差の8番手。

ポイントリーダーのアロン・カネトは、0.771秒差の12番手。

総合12位の鈴木竜生は16番手。総合2位のロレンソォ・ダッラ・ポルタは20番手。ワイルドカード参戦の山中琉聖は21番手。総合3位のニッコロ・アントネッリは22番手。総合19位の佐々木歩夢は26番手。総合7位の鳥羽海渡は27番手。負傷から復帰した総合18位の小椋藍は28番手だった。

Moto3™クラス‐フリー走行1

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、第7戦カタルーニャGPの全セッションをノーカット完全生中継で配信。

推奨記事