Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

今季の最高位発進を決めたイアンノーネ「正しい方向性を理解」

タイムアタックで今季3度目の転倒を喫したが、今季のベストセッションとなる6番手に進出。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアンドレア・イアンノーネは、第8戦TTアッセンのフリー走行1で11番手。フリー走行2は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分33秒台を2回記録して、0.717秒差の6番手に進出した。

「セッションの最後にラップタイムを伸ばそうと、フロントにミディアム、リアにソフトの新品タイヤを履いたけど、転倒してしまったのは不運だった。グリップは良くなったけど、コーナーの進入、特にブレーキングポイントが少し悪くなってしまった。リアから少し押される感じで、状況を上手くコントロールできなかったけど、一日を通じて限界だった。パフォーマンスの改善に向けてプッシュを続けた。」

「テストの後でバイクが改善された印象を受ける。これは非常に重要なことだけど、僕たちにとって本当にグッドなトラックだから、集中しなければいけない。低速コーナーが少なく、高速コーナーが多いことは、僕たちのバイクにとって良い。このレベルを維持するために、明日はもう少し改善できるようにトライしよう。」

「僕たちはパーツではなく、セッティングを改善した。現時点で新品パーツはない。僕たちは正しい方向性を理解した。これがアプリリアにとって最も重要なことだ」と、転倒の理由を説明し、ベストスタートを切った初日を振り返った。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第8TTアッセンの全セッションをノーカット完全生中継で配信。