Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Ducati Team

9番手発進のドビツィオーソ「ピュアなスピードよりも一貫性」

過去の転倒が原因で背中に痛みがあることから、決勝レースに向けてパワーを温存。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第9戦ドイツGPのフリー走行1で6番手。フリー走行2は、4度のコースインで24ラップを周回すると、1分22秒台を6回、1分21秒台を5回記録して、トップタイムから0.784秒差の9番手だった。

「パフォーマンスを徐々に改良することができたけど、現時点で望むような戦闘レベルではない。個人的には、コーナーを速く通過することに苦しんでいるけど、バイクの仕事をする時間があるから心配していない。」

「クリーンな1ラップができなかった。それに、過去の転倒が原因で背中が痛いから、無理したくなかったし、残りの週末に向けてパワーを温存したかった。集中力を維持する必要がある。30ラップの周回数だから、ピュアなスピードより、一貫性を追求する仕事を継続しなければいけない」と、初日を振り返り、週末の課題を説明した。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第9戦ドイツGPのフリー走行3から全セッションをノーカットの完全生中継で提供。