Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

連続転倒の流れを断ち切ったロッシだったが「速く走れない」

88ポイント差の総合5位から105ポイント差の総合6位に後退。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第9戦ドイツGPの決勝レースで4列目11番グリッドから4位争いを繰り広げて、19.110秒差の8位。3戦連続の転倒リタイアを喫した後、8ポイントを加算したが、総合5位から6位に後退した。

「難しく、苦しんだから満足できない。リアにミディアムタイヤを履いた。ミシュランはハードタイヤが不可能だと助言してくれたけど、スライドが大きく、十分なグリップがなかったことが最初の問題。」

「アッセンのレースで感じた強さを確認しようとしたけど、現実的には、とても速くなかった」

「大きな問題は、アッセンのレースで感じた強さを確認しようとしたけど、現実的には、とても速くなかったこと。バイクの良い感じがなかった。困難な時期だ。」

「昨年ここに来たときは、戦闘力があった。ルマンからザクセンリンクまで良いレースをしたけど、今年はとても難しい。バイクのグレートなフィーリングがなく、思うように速く走れないから、しっかり理解しなければいけない」と、決勝レースを振り返り、厳しい状況にあることを説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ「強さを感じたけど、現実的には速くなかった」

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第9戦ドイツGPの決勝レースをオンデマンドで配信。