Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Ducati Team

1番手と4番手のドビツィオーソ「新しいフェアリングを試した」

後半戦の緒戦初日に形状が異なるフェアリングの比較テストを実施。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第10戦チェコGPのフリー走行1で今季初めての1番手発進。フリー走行2は、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分56秒台を3回、1分56秒台を2回記録して、トップタイムから0.269秒差の4番手だった。

「ブルノでは強くなるために、しっかりしたブレーキングで必要となり、ハードタイヤは他のタイヤよりも安定感をもたらしてくれる。セッションは少しストレンジだった。明日は雨が降る可能性が高いことから、全員がプッシュし、僕たちは通常によりも多くのことを試した。」

「ライバルたちのペースをしっかり検証しなければいけない。僕のペースは全体的に良い。レースでは、リアタイヤの消耗が激しくなり、セッションで沢山の細かいところを見落としてしまうだろう。」

「ソフトタイヤを1本しか使わなかったけど、1ラップは良かった。明日はドライで仕事がしたい。そうでなければ、疑問を抱いた状態でレースを迎えることになるだろう。」

「今日は新しいフェアリングを試したけど、他にも試すことがあったから、しっかり比較をすることができなかった。全体的な感じは良かった」と、初日の作業内容を説明した。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第10戦チェコGPの全セッションを完全生中継で提供。